「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。

STRコミュニケーション協会 > STR通信 > 真央2世 本田真凜 シニアデビュー戦で優勝 [STR通信 2017/09/20]

真央2世 本田真凜 シニアデビュー戦で優勝 [STR通信 2017/09/20]

投稿日:2017/09/20

fb_str_magazin

こんにちは、森松です。

先週末は台風の影響で、各地で被害がありました。
秋野菜の収穫間近だった農家も多く、これから野菜が高騰していくでしょう。

そんな中、フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックで旋風をおこしたのは、16歳になったばかりの本田真凜(ほんえだ まりん)さん。
ショートプログラムでは衣装を忘れて急いで取りに帰るハプニングもありましたが、66.90点で首位に立ちます。
フリープログラムでも、トゥーランドットのメロディーに合わせ、3回転ルッツを成功。その後も大きなミスなく演じ、131.52点をマークし、合計198.42点で優勝を飾りました。

テレビ6局、新聞10社の真凜フィーバーに米メディアも、『ネクスト・アサダ』の誕生を大きく伝えました。
今日は彼女のSTRスコアを見てみたいと思います。

本田真凜さん 2001年8月21日 生まれ

https://str-org.net/gift/HHLB9JtrEhFsmw5KZ

心:○3陽(本質。家族や恋人から見た人柄)
一人では生きていけない、かぼそい印象を与える女性。
精神的にまだ幼い所もありますが、気まぐれでおどけてみせる仕草に、可愛らしさ、純真さが見えます。
内面的には努力家で、機転のきく頭の良さを兼ね備えています。

頭:△2(考え方。仕事の時の様子)
決めた事を完璧にやって行きたい精神性が強く、弱音を吐かない。
隙の無いパーフェクトな自分を目指し、頑固一徹で負けず嫌い。

適応値:P34(ストレスの受けやすさ)
常識や社会の規範の中では少々適応値が高すぎます。
上下関係においては、自分より数値の低い人にストレスを与え、意思が思うように伝わらず、仕事でぎくしゃくしてはかどらない事もあります。

・・・・・

真凜さんは、京都市出身。
5人兄弟の真ん中で、長男・太一、三女・望結、四女・紗来もフィギュアスケートをしています。
父親が選手だった影響もあり、2歳半からからスケートをはじめます。

子供がやりたいと言った事は出来る限りさせる両親の方針から、アイスホッケー、水泳、体操、テニス、ピアノ、絵画教室、七田チャイルドアカデミー、公文式など毎日かけもちで習い事をしていました。

三女が『家政婦のミタ』に出演し人気がでて、オスカープロモーションに移籍したのをきっかけに、真凜さんらも在籍中。

2015年 JGPクロアチア大会 優勝
2016年 世界ジュニア選手権 優勝
2017年 第37回全国中学校スケート大会 優勝
現在は関西大学高等部に通っています。

彼女の心「○3」は、一見すると近寄りがたい雰囲気をもっていますが、みんなの輪の中心にいたいタイプ。
打ち解けると本来の明るさや、話題の豊富さで人気者になって、周囲をまきこみながら、心地よい関係をつくっていきます。

仕事のスタイル・頭「△2」は、理想像を追い求める求道者のようなタイプ。
完璧な姿を見てもらいたいので、人一倍の努力を重ねます。

エネルギーの値、適応値は「P34」と高めです。
習い事をかけもちしても大丈夫な値ですね。

真凜さんは、アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを11歳でマスター。
演技の表現力も「ちょっとした体の動かし方が色っぽさがある」「雰囲気とか、魅力的な目を引くものを持っている」と評されています。

心「○3」を持つ人は、実年齢より大人っぽく見られる事があります。
ちょっぴり背伸びをして大人の仲間入りをしたい、大学生のような考え方を持っています。

彼女のインスタグラムを見ていると、リンクの上で魅せる大人びた顔と、友達と遊んでいるときの無邪気な顔のギャップが良いですね。
https://www.instagram.com/marin_honda

子育てについて、「やる気を出させるために一番心がけていたことは」との質問に父親は、
「習いごとや学校行事などでもそうですが、親が見てあげることが大事かなと。
うちの子どもたちも、ジャンプが飛べたときには観客席を見上げて「見て! 見て!」とアピールしてきます。
やっぱり子どもは親に褒めてもらいたいし、見てもらいたいんです。」
と答えています。

○タイプの真凜さんは、周りの人からの評価を気にするタイプなので、家族からの応援が一番のモチベーションになったことでしょう。

憧れの選手は荒川静香さん。
「ジャンプだけじゃなく、表現力とかスピンとかステップすべてに憧れています。
いちばんは、オリンピックという大きな舞台で堂々とした演技をされていたことに憧れています」
と語っています。

「氷の上にいるときがほんとうの自分だと思います。毎日滑っていたいです」
と、本当にスケートが好きな真凜さん。

来年2月の平昌オリンピック出場を目指して4回転ループを練習しています。
ぜひとも選考に残ってもらいたいのですね。

今日はこのへんで、それではまた来週。

STRのことをもっと知りたい!
more STR

世界一やさしい帝王学、STR素質適応理論をもっと知りたい方へ。様々なお役立ちコンテンツをご用意しております。


pagetop