「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。

STRコミュニケーション協会 > STR通信 > 海の王子と眞子さまの相性やいかに [STR通信 2017/05/23]

海の王子と眞子さまの相性やいかに [STR通信 2017/05/23]

投稿日:2017/05/23

fb_str_magazin

 

こんにちは、STRコミュニケーション協会の森松です。

 

先週のメルマガを出したあと、おめでたいニュースが入ってきました。
秋篠宮家の長女・眞子さまが国際基督教大学の同級生・小室圭さんと婚約されます。
一般の結納に当たる「納采(のうさい)の儀」を経て、来年に結婚される予定です。

 

今日はこの二人の相性を見てみたいと思います。

 

秋篠宮眞子さん 1991-10-23生まれ

https://str-org.net/gift/1QZdPF9kLQN3GA16P

 

心:□3陽(本質。家族や恋人から見た人柄)
陽気で華やかさに身を包み、流行に敏感でオシャレが大好き、「美」に対しての見せ方など天性のものがある女性。
サービス精神旺盛で周りを楽しませようとするので、誘われたり頼まれたりすると、ちょっとくらいムリをしてでもオーケーしてしまいます。
頭の回転が速く、察しも良いので計算高く見られてしまいますが、並外れた行動力は目を見張る物があり積極的にリーダーシップをとる活発な女性です。

 

適応値:P26(ストレスの受けやすさ)
団体生活での常識や社会の規範の中では少々適応値が高すぎます。
上下関係においては、自分より数値の低い人にストレスを与え、意思が思うように伝わらず、仕事でぎくしゃくしてはかどらない事もあります。

 

 

小室圭さん 1991-10-05生まれ

https://str-org.net/gift/2Q1SXf4TKvdHbgegT

 

心:□4山
独特の品とインテリジェンスをかね揃えた、気取りのない物分りの良い男性。人懐っこく争いを好まないので、敵も味方も作らないようにしています。
世渡り上手で、着実な道を歩む努力と実践第一の行動力、そして積極的な姿勢が評価され、社会的には安定した位置にいることが多いです。
自分の理想を密かにかかげ、情熱の炎は消える事がなく、地道に人生のロマンを追い求める情熱的な人物です。

 

適応値:P17
サラリーマンなどで生きて行くのにマッチした人と言えます。規範に従うことにあまり抵抗を感じません。
対人対応でストレスを感じる時は、相手の適応値を調べてみて下さい。

 

・・・・・

 

秋篠宮眞子さまは、秋篠宮文仁親王と紀子殿下の長女、今上天皇の初孫として1991年に誕生されます。
2005年頃からは、最年長の内親王として両親の公務に同行することが多くなります。

 

2010年 学習院女子高等科を卒業し、国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科に入学。
2011年7月、身分を隠して東日本大震災の被災地でボランティア活動を行います。
2012年9月からイギリスのエディンバラ大学に留学し、美術史などを学びます。

 

ICUを卒業後、英レスター大大学院に留学して博物館学を研究し、修士号を取得。
現在は、東京大総合研究博物館の特任研究員となり、週に3回ほど勤務されてます。

 

 

眞子さまは、幼少の頃からワイドショーで人気者で、たくさんの映像が残っています。
軽井沢での静養のときは、ゴールデン・レトリーバーのマーク君に飛びかかられたり。
葉山では、波打ち際を歩きながら、しきりと海蛇のことを両親に質問しています。

 

彼女の心「□3」は、好奇心いっぱい、色んな物事にチャレンジしていくタイプ。
楽しさ第一で、まわりを明るくする才能があります。
年をとっても若々しい感性をもっています。ただ、長期的な計画は苦手です。

 

適応値は、「P26」とやや高めです。
勉学と公務とで忙しい日々だと思いますが、無理をしなければエネルギー的には大丈夫です。

 

 

お相手の小室圭さんは、横浜市在住。
早くに父親が亡くなり、母親に育てられます。
高校までは、インターナショナルスクールに通い、ICUへ進学。

 

TOEIC950点の語学力を武器にフランス料理店や、学習塾でアルバイトをしていました。
2010年には「湘南江の島 海の王子」として観光キャンペーン大使として活躍します。

 

ICU卒業後、一度は銀行に勤務しますが、一橋大大学院 国際企業戦略研究科に進学し、経営法務を学んでいます。
現在は勉学のかたわら、奥野総合法律事務所・外国法共同事業で弁護士を補佐するパラリーガルとして勤務しています。

 

 

彼の心「□4」は、マラソンランナーのように、遠くはなれたゴールに向けて、コツコツ努力するタイプです。
「海の王子」のプロフィールに書かれた、将来の夢「外交に携わる」を実現させるために、今の環境を選んだのでしょう。
また、苦労をかけた母親へ恩返しがしたいと、ずっと思っている優しい人です。

 

適応値は「P17」で普通の範囲です。誰とでもストレス少なく過ごせるでしょう。

 

 

二人の出会いは、2012年の留学に関する意見交換会でした。
留学の相談をするうちに親しくなり、横浜や鎌倉へのデートを重ねます。
眞子さまがイギリスに留学中には、現地に会いに訪れていたようです。

 

STR的な相性ですが、眞子さま「陽」から見ると、圭さん「山」「子供」
圭さんから見ると眞子さまが「親」です。

 

眞子さまは、たくさんの愛情を圭さんへ注ぎます。
圭さんがその愛情に感謝して、お返しができれば問題ないでしょう。
得な「子供」があぐらをかいて、親の小言を聞けなくなると危険です。

 

適応値の差は無いので、互いにストレスはなく、心地よい関係です。

 

 

今回の結婚で、眞子さまは皇籍から離れ、一般人となります。

 

イギリスのデイリー・テレグラフ紙は
「天皇陛下の年長の孫は、法律事務所のアシスタントと結婚するために皇籍を断念する見通しで、世界最古の皇室の未来をめぐる懸念が再び浮上している」
と、皇位継承をめぐる問題を書いています。

 

今上天皇の退位のことなど、まわりがザワザワしていますが、お二人には、末永くお幸せになって欲しいですね。

 

 

いかがだったでしょうか。
今日はこのへんで、それではまた来週。

 

 

STRのことをもっと知りたい!
more STR

世界一やさしい帝王学、STR素質適応理論をもっと知りたい方へ。様々なお役立ちコンテンツをご用意しております。


pagetop