「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。

STRコミュニケーション協会 > STR通信 > 新大統領・文在寅さん、エマニュエル・マクロンさんの素質と相性は [STR通信 2017/05/10 JP]

新大統領・文在寅さん、エマニュエル・マクロンさんの素質と相性は [STR通信 2017/05/10 JP]

投稿日:2017/05/10

fb_str_magazin

 

こんにちは、STRコミュニケーション協会の森松です。

 

昨日は、STRコンサルタント養成講座の1回目を福岡市博多で開催いたしました。
企業のなかの共通言語として、STRスコアをみんなで共有することで、社内コミュニケーションを活性化した事例を教えてもらいました。

 

あたかもレントゲン写真を撮って病気の箇所をみつけるように、STRスコアを組み込んだ組織図を作ることで、事前にミスコミュニケーションの芽を見つけることができます。

 

コンサルタントとして独立したい方へむけて、事前準備からキックオフミーティング、社内研修などのステップ毎に、なにを準備して会話に気をつけるかをお伝えしていく予定です。ぜひ次回ご期待を。

 

さて今日は、韓国の新大統領となった文在寅(ムン・ジェイン)さんと、
フランスのエマニュエル・マクロンさんについて、安倍首相との相性をみてみようと思います。

 

文在寅さん 1953年01月24日生まれ

https://str-org.net/gift/ewBRzx7xuAnXv6Bcx

 

心:△4花(本質。家族や恋人から見た人柄)
理屈っぽく頑固な所や協調性に難点がありますが、努力家で自分の仕事に責任を持って成し遂げようとする真面目な男性。
プライベートは意外と派手好み。人が羨むような高額な物を揃えたがる気取りやの面があります。
地道な割には諦めが早く、自分の立場が危うくなった時の変わり身は素早いです

 

適応値:P25(ストレスの受けやすさ)
団体生活での常識や社会の規範の中では少々適応値が高すぎます。

 

エマニュエル・マクロンさん 1977年12月21日生まれ

https://str-org.net/gift/PE4WFb0NPVMVMPwm7

 

心:□2海(本質。家族や恋人から見た人柄)
幅広い人間関係を円満に保つ事が出来る、バランスの取れた男性。
ただ常に公平な立場で物事を見ているので、時として厳しいとか、他人の心情にうといと思われる事もあります。
本当は面倒見の良い、開放的で大らかな人物です。博識に培われたモノの見方はパーフェクト。でも即断即決が苦手です。

 

適応値:D19(ストレスの受けやすさ)
ストレスを溜めやすい傾向にあり、発散することが苦手です。

 

安倍 晋三さん 1954年09月21日生まれ

https://str-org.net/gift/n5SN407DvuDY1Cs34

 

心:○1鉄(本質。家族や恋人から見た人柄)
自分をアピールするのは苦手なのに、自然と誰からも愛され可愛がられる男性。
古風で上下関係や礼儀作法にも厳しいので、年齢に問わず人気が高いです。
曲がったことは大嫌い。頑固で融通がきかない所もあるので、恨みを買ってしまう事もあります。

 

適応値:D10(ストレスの受けやすさ)
あなたは、ストレス(対人関係や仕事など)を溜めやすい傾向にあり、発散することが苦手です。

 

・・・・・

 

文在寅さんの心「△4」は、プロフェッショナルを目指す職人タイプです。
政治家になる前は、弁護士として活躍していました。
△タイプは、スピード感と安心感をもとめる性質があるので、権威権力を持ちたいと思います。
適応値も「P25」と少し高めですので、政治家としてアクティブに動けるでしょう。

 

フランスの新大統領、エマニュエル・マクロンさんは今年40歳。
僕と同い年なのですが、彼の奥さんは24歳年上で、もと演劇指導の先生だったとか。
この夫婦間の相性も気になるところですが、マクロンさんの心「□2」は、バランス感覚にすぐれたリーダータイプ。
なんでも器用にこなし、熟慮を重ねて決断したあとは、一直線にゴールへ向けて突っ走ります。
適応値は「D19」と低めです。一人の時間を多くしたほうが良いでしょう。

 

安倍首相ですが、彼の心「◯1」は、赤ちゃんのように誰からも愛されるひと。
◯タイプなので、みんな仲良くしたい、ケンカはしたくない人です。
適応値も「D10」と低いので、一生懸命に話をしないと、相手に伝わらない時もあります。

 

安倍さん「鉄」からみたときに、文在寅さん「花」「夫婦」の関係。
マクロンさん「海」「子供」になります。

 

安倍さんからの関係はとても良い相性ですね。
日韓関係も改善に向かうかもしれません。

 

フランスに対しては、文化や経済の結びつきが深く、親日家も多い国です。
元銀行家で経済相としての経歴をもつマクロンさんは、EU経済圏を維持することを表明しています。
もしかすると「親」の安倍さんに助けを求めてくるかも。

 

今年は9月にドイツ連邦議会選挙があり、中国でも第19期中国共産党大会が秋にあります。
政治がどのように、日常の生活に影響していくか、これからも注視していきたいですね。

 

いかがだったでしょうか。
今日はこのへんで、それではまた来週。

 

 

STRのことをもっと知りたい!
more STR

世界一やさしい帝王学、STR素質適応理論をもっと知りたい方へ。様々なお役立ちコンテンツをご用意しております。


pagetop