「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。

STRコミュニケーション協会 > STR通信 > 必ず食える1%の人になる方法 藤原和博さん [STR通信 2017/03/22]

必ず食える1%の人になる方法 藤原和博さん [STR通信 2017/03/22]

投稿日:2017/03/22

fb_str_magazin

 

こんにちは、STRコミュニケーション協会の森松です。

 

春眠にはまだ早いでしょうが、連休で寝ぼけてメルマガ書くのが遅くなりました。

 

卒業シーズンということで、近所の飲食店でも別れを惜しむような会話が多く聞かれます。
新しい環境への期待感も高まっていることでしょう。

 

さてそんな今日は、元リクルート社フェロー、東京都杉並区立和田中学で義務教育初の民間人校長となった藤原和博(ふじはら かずひろ)さんを取り上げたいと思います。

 

彼の著書「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」 から、そのエッセンスを拾いつつ、STRスコアを見てみたいと思います。

 

藤原和博さん 1955年11月27日 生まれ

https://str-org.net/gift/r9x7gHDAW03QgDbFB

 

【心:○4海】(本質。家族や恋人から見た人柄)
礼儀正しく、落ち着いた雰囲気をもつ男性。物事を実行に移すまでの手腕や考え方は抜群です。博学で、世の中の動きに敏感な為、情報収集の為の交流機会は見逃しません。常識をはずさないスマートさはあるが、自分にリスクがかかるのが嫌なので、責任ある立場に立つにはちょっと不安があります。

 

【頭:○1】(考え方。仕事の時の様子)
自然体で表裏がなく、うそのつけない正直者で、心温まる人間関係を好む。初対面では警戒心が強く、人柄を重視する。頼まれると嫌と言えない。

 

【適応値:H13】(ストレスの受けやすさ)
団体生活で生きて行くのにマッチした人と言えます。規範に従うことにあまり抵抗を感じません。男性、女性ともに会社などの組織で働く事を無難にこなします。

 

・・・・・

 

1955年 東京生まれ。
1978年 東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。大手企業の採用PRを担当で2年連続トップセールス。
1990年には、メディアファクトリー設立、初代取締役事業部長を兼務。
1993年よりヨーロッパに駐在し、教育学習分野で様々な企業とコラボレーションします。
1996年 リクルート社フェロー。

 

退社翌年の2003年から5年間は、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務めます。
総合学習の「よのなか」科を始めとして様々な教育改革をし、地域と一体となって教育する環境をつくります。
http://www.suginami-school.ed.jp/wadachu/
2016年からは、奈良市立一条高等学校校長に就任し、スマホを使った授業などが行われています。

 

彼の心「○4」ですが、情報収集にたけていて、人あたりも良いために幅広い人脈を持っています。
心配性なので、集めた情報から最善策をじっくり考えるようなタイプです。
リクルートの営業マンとしてトップになったのは、そのマーケティング能力による所が大きいでしょう。

 

また仕事の仕方である頭「○1」ですが、今までになかった新しい発想で、自分の周りを変えていこうとします。
愛されるキャラでもあるため、色んなから手伝ってもらえるタイプです。

 

適応値は「H13」と普通なため、ストレスを与えも受けもしないでしょう。

 

たくさんの著書がある藤原さんですが、よく出てくるキーワードが「1%」です。
ある分野の頂点に立つには熾烈な競争に勝ちつづけないといけません。
オリンピックのメダリストになるのはだいたい100万人に1人、ノーベル賞を受賞する人は1000万人に1人です。

 

普通の人には難しいかもしれませんが、100人に1人なら努力すれば出来そうです。
まずは自分の得意分野で1%を目指します。
いきなり日本一を目指すわけではなくて、自分の住んでいる地域の中で大丈夫です。

 

その後は別な分野でまた、100人に1人を目指します。
そうすると、100 × 100 = 10000人に1人の人材になります。
この段階でも十分に稼げる人だと思います。
さらに3つ目の分野で1%になれたら、ポケモンのレアキャラみたいな100万人に1人の人材になれます。

 

本の中では、「社長」「自営業」「公務員」「研究者」の4タイプに分け、それぞれ7つの条件があるのですが、大前提は

 パチンコをしない人になれ!
 ケータイゲームを電車の中でしない人になれ!
 本を月1冊以上読む人になれ!

の3つがあげられています。

 

貴重な時間を無駄に過ごすようなことが許せない「○4」の性格なのか、学校の校長先生だからか分かりませんが、常に新しい情報を得て1%を目指して欲しい気持ちが伝わってきますね。

 

小さな組織の未来学では、動画もありますので興味を持った方はぜひ見てみてください。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/miraigaku/20141205/427068/

 

よのなかnet
http://www.yononaka.net/

 

今日はこのへんで、それではまた来週。

 

 

STRのことをもっと知りたい!
more STR

世界一やさしい帝王学、STR素質適応理論をもっと知りたい方へ。様々なお役立ちコンテンツをご用意しております。


pagetop